サンバレーブライダルサロン
  • Author:サンバレーブライダルサロン
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS
サンバレーブライダルサロン スタッフブログ
プロフィール

サンバレーブライダルサロン

Author:サンバレーブライダルサロン
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【台湾旅行5日目】①
【5日目】

朝、まだ暗いうちにチェックアウト。

今日は台湾を代表する景勝地、太魯閣峡谷(太古の昔、サンゴ礁の海底が隆起してできた断崖絶壁)へ行く予定。
広いエリアに見どころが点在しているので、タクシーをチャーターするか、観光ツアーに参加するのが一般的だと「地球の歩き方」に書いてあったが、タクシーのチャーターは経済的理由(貧乏)でNG。観光ツアーは団体行動が苦手(自分勝手)なのでNG。

ということで、またしてもバスで行くことにした。どうやって見どころを回るかは、行き当たりばったりで。。。
宿から徒歩5分にあるバスターミナルへ。
花蓮→天祥(太魯閣の最奥部)へのバス(149元)
DSC_ (680)_R

天祥には8:00に着いた。
バス停近くのツーリストインフォメーションのオープン(8:30)まで時間が開くので、それまで赤い七重塔の天峯塔を見学。

つり橋を渡り、
DSC_ (701)_R

中国様式の門をくぐり、
DSC_ (708)_R

長い階段を登ると、
DSC_ (715)_R

山の中腹に尼寺である祥徳寺があった。
DSC_ (725)_R

DSC_ (724)_R

地名の由来となった文天祥の銅像(結構デカイ)
DSC_ (736)_R

さらに登り、お目当ての天峯塔に到着。
DSC_ (718)_R

塔の中に入り、登ってみた。
DSC_ (749)_R

塔からの眺め。
DSC_ (748)_R

まだ早い時間のせいか、観光客は誰もいなかったが、山を下りる途中この人や、
DSC_ (752)_R

この人に会った。
DSC_ (756)_R

バス停まで戻るとツーリストインフォメーションが開いていたので、観光マップをもらった。
お腹も減ってきたので、朝食を食べながら観光する道順を検討することにした。

食堂のメニュー。
DSC_ (770)_R

鍋から湯気が立って食欲をそそる。
DSC_ (772)_R

注文したのは、炒米粉(50元)※一番手前
DSC_ (778)_R

牛肉麺(90元)
DSC_ (3)_R

金針香茹湯(50元)
DSC_ (774)_R

紫米竹筒飯(60元)
DSC_ (908)_R

お腹がいっぱいになったところで、【台湾旅行5日目】②に続く

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。